ウォーターサーバーは水道水や詰め替え式があるって知ってた?

ウォーターサーバーといえばレンタル式のコスモウォーターやフレシャス、最近ではサントリーなどの台頭が目立ちます。レンタル無料でおいしい水が宅配されてくるわけですから人気になるのは当然なのですがウォーターサーバーレンタルだけでなく水道水や詰め替え自由なものもあるって知ってましたか?

毎月水を購入すると水代金5千円~1万円プラス電気代は覚悟しないといけないので私にはちょっと高根の花という意見もツイッターなどでは見られる意見。値段が飲む量によって変動するのもお金の管理が苦手な方にとっては導入がしずらいというのもあるようです。

ウォーターサーバーのメリットって水自体の味の差は正直なところ相当な舌、味覚の持ち主でないとわからないと思います。でもなぜこんなに人気で各家庭に設置されているかと言えば、お湯とつめたい水が瞬時に使えるという利便性に他なりません。利便性でいえば宅配してくれるからわざわざ水を買わなくてもよいという点もあげられます。

このメリットを踏襲したウォーターサーバーが水道水式のウォーターサーバーです。詰め替えも場合によってはコストを徹底的に抑えられるので紹介していきましょう。

水道水を最新のろ過システムで浄化できるウォーターサーバー

レンタルウォーターサーバーの水の種類は天然水か濾過水ってご存知でしたか。後者の徹底的にゴミや細菌を取り除き濾過された水をピュアウォーターと呼ぶのですが、これと同じレベルの濾過システムを搭載したウォーターサーバーが存在します。

もちろん、家庭で使えるウォーターサーバーで、自宅の水道水から水をひきウォーターサーバーに水を吸引し、濾過を行いお湯とつめたい水を作る。ここまで1台で行ってくれます。一般的にこういったサーバーを水道水直結型ウォーターサーバーとかノンボトル式次世代型ウォーターサーバーと呼ばれています。

直接水道水からひくので宅配代も宅配水の受け取りの必要もありません。気になる値段ですが、相当な技術を詰め込んでいるサーバーなので購入すると相当なお値段がします。

ですのでこちらも結局レンタルにはなってしまいます・・・。相場の価格は月額レンタル代金が4,000円ほどです。ろ過システムの性能は会社によってまちまちですが楽水ウォーターという水道水サーバーは提供があり人気がある商品です。

コスト面でいうと定額でこれ以上かからないというのはお得なのでレンタル型はちょっとという方にはおすすめの一台です。

でもやっぱり天然水が飲みたいんだよねっていう需要ももちろんあるでしょうからそういった方は宅配水にしておくのがよいですかね。

詰め替えのウォーターサーバーボトルとは?

まだ数が少ないですが、ガロンボトルに自分でお水をいれてそれをウォーターサーバーに設置して飲めるのが存在します。

私も最近知ったのですがこれはニッチながら一定の需要がある気がします。例えばおじいさんの田舎が福島なのですが、庭に山から引いてきた天然水が流れています。お昼なんかは外に出てお水を直接飲むことが出来ます。そして旨い。ただでこんなにうまい天然水が飲めるなんて田舎は羨ましい。

ただ、人間わがままですよね。冬の雪が降る寒い時期や夏の熱帯夜、クーラーが効いた部屋からいちいち外へ出て水を飲みに行きたくないじゃないですか。

そんなご家庭日本には結構な数あると思うんですが、詰め替え式のウォーターサーバーかなり良いのではないでしょうか。日中外にいってボトルに天然水を貯め込みウォーターサーバーに設置しておくだけ。これで温水冷水が楽しめるわけ。

詰め替え式の場合なんでも入れることが出来るので極端な話、私は水道水でも普通に平気で飲むって人にもおすすめ。ポイントは冷えた水と温水がいつでも楽しめるという点ですから。ただ、デメリットとしては水を入れるのが結構大変かなと。そのくらですけど。

料金は一番安く済む感じですね。日本はウォーターサーバーがレンタルが当たり前でしたが、最近はこういった次世代型の後発組が出始めています。やはり家庭によっては生活スタイルが違いますから一定の需要はあるのでしょう。今後もウォーターサーバーの動向をチェックしていきたいと思います。